人と比べない整理収納で家も心もおかたづけ。優しい気持ちでくらそう

『ちょっといいモノ』を長く使う 

整理収納
※木のセロハンテーカッター 

結婚当初、整理収納アドバイザーの勉強もしていないころから。アクセサリーやブランド品より家のモノに興味がありました。

毎年、お誕生日や母の日のたびに、鍋やらミシンやら包丁やら…色気のないものをリクエストしていました。

結果的に、厳選した良いモノは長持ちし、少しずつ少しずつ増えていくたびに生活が豊かになるのを実感しています。

整理収納アドバイザーになってからは、ますます。モノを家に入れることに慎重になりました。

一度家に入れたモノを外に出すのは大変なのです。

モノを家に入れるときはかなり時間をかけてお気に入りを探します。最近では家族もわたしの考えはよく理解してくれていると感じます。

特に夫は、環境問題に若いころから興味があり大学進学もその道に進んだという、SDGsをとても大切に考えている人。そういう意味では『いいものを長く大切に使う』という価値観が似ていると感じます。急須探しの旅にさんざん付き合ってくれたり。寄り添ってくれているなぁと感じます、ありがたい。

100均で、なんでも安く簡単に手に入る時代。壊れたら、汚れたら、また買い替えればいい。という考えもあるでしょう。

でも、少し値が張ってもお気に入りを厳選して。長く大切に使うこともこれからの時代、大事な価値観だと思います。

一度買うとなかなか壊れない、『一生モノ』を買い替える際には、ぜひ『ちょっといいモノ』を探してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました